>

*

2015 J2 第22節 岡山 VS 長崎 の話

公開日: : 最終更新日:2015/07/10 スポーツ ,

シティライトスタジアム

我らが ファジアーノ岡山 の試合を観戦する為、シティライトスタジアムに行ってきました。今シーズン2回目のCスタです。

 

前回は第5節 大宮アルディージャ戦、4月1日 水曜日の試合を見に行き(結果は0対0の引き分け)、そして今回も水曜開催の試合です。

 

今節の相手は V・ファーレン長崎、ここまで勝点30の10位、対するファジアーノは勝点29の12位。勝てば順位を逆転できます。過去の対戦はファジアーノの1勝4分け。負けはありませんが力は拮抗していると言えるでしょう。前回の対戦(第11節)も2対2の引き分けでした。

 

さあ、キックオフ! 両チームとも 3-4-2-1 というフォーメーションのミラーゲームで、前線から相手にプレッシャーを掛けていきハードワークをするという特徴も両チームに共通しています。

序盤はファジアーノ3バックの脇のスペースを使ってサイド攻撃を仕掛けてくる長崎がやや優勢という印象。

しかし徐々にスペースを消しボールの出どころへのプレッシャーを強めていったファジアーノが押し気味の展開となっていきます。

ファジアーノ 守備時

そして歓喜の瞬間! 前半30分頃、矢島選手からのDFラインの裏を狙ったパスに片山選手が飛び出しキーパーと一対一に。ですが・・・ 今シーズン何度かあった同じようなシーンで片山選手は悉く潰されています。今日もダメなんじゃ、と思ったら・・・ やっぱりダメでした。しかし今日はボールがこぼれたところに伊藤選手が詰めていて、見事先制ゴール!!

その後はGK中林選手の再三の好セーブなどもあり1対0のまま前半終了。

 

後半は1点ビハインドの長崎が押し返す展開に。これは、疲れのせいかファジアーノのプレッシャーが弱まり全体に引いてしまったことにもよるでしょう。セカンドボールを拾えなくなったファジアーノはシャドーの伊藤選手に替えてボランチの島田選手を入れます。中盤を厚くしましたが、それでもセカンドボールはなかなか拾えません。それもそのはず、長崎の前線の人数に対し後ろで人が余り過ぎです。長崎はどんどんチャンスを作り、シュートの雨がファジアーノゴールに降り注ぎます。それも中林選手が頑張って防いでくれていたのですが・・・

後半35分くらいだったでしょうか、コーナーキックから長崎の選手がヘディングで同点ゴール。ファジアーノサポーターにとってはまさに悪夢のような瞬間。

 

そしてそのまま1対1で試合終了。またしても引き分けです。順位の逆転もありません。

ファジアーノ岡山 VS V・ファーレン長崎 結果

3連勝を懸けた試合だっただけに、引き分けという結果は残念です。次節の首位・大宮戦に向けても、勝ってさらに勢いを増して臨んでほしかったんですが・・・

 

まあ、でも久し振りにスタジアムの空気を味わえて興奮しました。やっぱりテレビで見るより生で見るほうが楽しいですね。

ただ、知らないうちに数ヶ所、蚊に刺されてました。夏場の試合観戦は虫除けが必須ですね。

 

 

関連記事

UFC JAPAN 2015

UFC JAPAN 2015 の話

9月27日(日)さいたまスーパーアリーナにおいて、UFC JAPAN 2015 が開催されま

記事を読む

2015明治安田生命Jリーグの話

2015年J1リーグ1stステージは浦和レッズが無敗のまま優勝を決めました。 総得点39は1位

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑