>

*

脳血管性認知症の話

公開日: : 最終更新日:2015/07/27 介護, 健康

日本の三大認知症の一つで、認知症全体の約二割を占めるのが 脳血管性認知症 です。

 

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などによる脳血管障害によって脳の神経細胞が壊れ、認知症が引き起こされます。脳の広範囲で神経細胞が破壊されるアルツハイマー型認知症とは違い、壊れた部分と全く正常な部分が混在していますので、できることとできないことにはっきりと差が表れます。

 

覚醒水準が低くなるのもこの病気の特徴です。眠たそうにしている時間がとても多くなり、話すことも動くこともゆっくりになります。周囲への関心が薄くなり、何をするのもおっくうに感じます。

そうかと思えば意識がしっかりとし、会話もきちんと受け答えしたり周囲に関心を向ける時間帯もあります。さっきはできなかったことが今はできるということが、周囲の人からすれば、わざとやらなかっただけではないかと疑ってしまいがちですが、これは脳の血流量の影響で起こることですので、ケアする側の人はそれをきちんと理解しておくことが必要です。

 

また、脳血管疾患のせいで認知機能などに障害が出ているということを自分自身で認識しているせいか、自己主張が強くなる傾向があり、他の認知症の人たちと一緒にレクリエーション活動に参加することを強く拒絶したりします。それは「他の認知症の人たちとは違うのだから、自分にはこんな幼稚なことをする必要はない」と感じているからだと思われます。そういう場合には、その人の自尊心を傷つけないようなレクリエーションのメニューを用意して誘ってみましょう。活動しないことで廃用症候群(生活不活発病)になり、脳の働きの低下を招き、症状を進行させてしまうことにもつながります。

 

高血圧・糖尿病・脂質異常症などの脳血管疾患の危険因子の治療をすることで、脳血管性認知症の悪化を防ぐことができます。

 

日頃から運動しておくとか、食事のカロリー制限をするなど、生活習慣の改善が予防になります。

皆さん、運動しましょう!

 

ミズノショップ会員に登録(無料)すると送料無料!

 
補助金活用でお得にリフォーム!まずはお見積もりから♪
 

関連記事

前頭側頭型認知症の話

前頭側頭型認知症 は以前はピック病と呼ばれていました。ですが最近では、脳の神経細胞にピック球が溜まる

記事を読む

カカオ

チョコレートの話

中米 ヨーロッパ人が初めてチョコレートに出会ったのは16世紀の初頭、中米でのことです。 &n

記事を読む

アルツハイマー型認知症の原因の話

アルツハイマー型認知症の原因は未だ解明されておらず、今なお世界中で研究が続けられています。 &

記事を読む

AGEs の話

AGEs(Advanced Glycation End Products)は、老化や様々な病気を引き

記事を読む

小皿にバナナ

バナナの話

皆さん、もうすぐお待ちかねの8月7日、年に一度の バナナの日 がやって来ますよ! バナナを嫌い

記事を読む

風邪に効果あり!な話

少しずつ冬の寒さが本格化していくのを感じるようになってまいりましたが、皆様風邪など召されてはおられま

記事を読む

貧血の話

日本の女性の四人に一人は 貧血 らしいです。 ”血” が ”貧しい” と書きますが、血液中のヘ

記事を読む

豆の話

豆は天然のサプリメントと言われるほど栄養が豊富な食物です。   健康な身体づく

記事を読む

認知症の話

いろいろな原因によって脳の神経細胞が壊れてしまい、認知機能(記憶、言語、行為、認識、実行機能など)が

記事を読む

低インシュリンダイエットの話

食事をすると血糖値は上昇しますが、これは食品に含まれる炭水化物が小腸でグルコース(ブドウ糖)に分解・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑