>

*

レビー小体型認知症の話

公開日: : 最終更新日:2015/10/03 介護, 健康

レビー小体型認知症 は、日本の三大認知症の一つです。認知症全体の約二割を占めます。

男性のほうが女性より発症率が高いです。

 

1976年に日本の医師、小坂憲司氏によって発見・報告され、1996年に国際的に承認されました。

 

レビー小体とは、パーキンソン病の人の脳に見られる異常な構造物のことです。パーキンソン病では脳の下のほうにある 脳幹 という場所に出ますが、レビー小体型認知症では 大脳皮質全体 に現れます(脳幹にも現れます)。レビー小体が脳のどの場所に出現するかによって、レビー小体型認知症は、脳幹型・移行型・びまん型・大脳型に分類されます。

 

記憶障害に加え、幻覚・幻視・錯覚などの症状が初期から見られます。”天井に椎茸が生えている” とか、”急須が鳩に見える” など、実際にはないものがはっきりと見えたり、ある物も違った姿形に見えてしまうといったことです。

そして、パーキンソン病と同じように、筋肉がこわばる・手が震える・動作が緩慢になる・小股で歩行するといった運動機能障害も現れます。転倒しやすくなるため、寝たきりになる可能性は高まると言えます。

また、夜間睡眠時には、歩き出したり、大声を出したり、暴れたりなど、レム睡眠行動障害という症状が見られることもあります。

自律神経障害もこの認知症の特徴で、便秘や尿失禁を起こしやすくなります。

 

一日の中でも症状の変動が激しく、ついさっきまで普通に会話をしスムーズに動いていた人が、急に意識が飛んでしまったようにボーっとして何も受け答え出来なくなってしまったりします。

 

レビー小体型認知症の人は精神が不安定になることが多く、特に幻視や幻覚が出た時は、周囲の人がそれを否定すると興奮を高めることにもつながりかねませんので、話を合わせるなどして安心させることが重要です。

また、パーキンソン症状によって運動機能が低下しますから、立ち上がり時・歩行時・階段の昇降時などには転倒に充分注意し見守ることが大切です。

 

 

【総合リフォームサイト リノコ】

 

補助金活用でお得にリフォーム!まずはお見積もりから♪

 

関連記事

生活不活発病の話

身体をあまり動かさない状態が続くなどして筋肉・骨・心臓・肺などが衰え、実年齢以上に心身機能が低下して

記事を読む

帯状疱疹の話

過去に 水ぼうそう にかかったことがある方は 帯状疱疹 が発症する可能性があります。

記事を読む

貧血の話

日本の女性の四人に一人は 貧血 らしいです。 ”血” が ”貧しい” と書きますが、血液中のヘ

記事を読む

ドクダミ茶

ドクダミ茶の話

ドクダミ茶というものを初めて作ってみました。 作ったといっても野生のドクダミを取ってきて作った

記事を読む

アルツハイマー型認知症の話

アルツハイマー型認知症 は、日本の三大認知症の一つです。男性よりも女性の発症が多いと言われています。

記事を読む

認知症の話

いろいろな原因によって脳の神経細胞が壊れてしまい、認知機能(記憶、言語、行為、認識、実行機能など)が

記事を読む

アルツハイマー型認知症の原因の話

アルツハイマー型認知症の原因は未だ解明されておらず、今なお世界中で研究が続けられています。 &

記事を読む

お酒とアルツハイマー病の話

当ブログの9月23日の記事 食用油と健康の話 の n-6系脂肪酸のところで少し触れましたが、サラダ油

記事を読む

カカオ

チョコレートの話

中米 ヨーロッパ人が初めてチョコレートに出会ったのは16世紀の初頭、中米でのことです。 &n

記事を読む

異性化糖の危険性の話

”異性化糖” と言ってもあまり耳にされたことがないかも知れません。 果糖ブドウ糖液糖 や ブド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑