>

*

前頭側頭型認知症の話

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 介護, 健康

前頭側頭型認知症 は以前はピック病と呼ばれていました。ですが最近では、脳の神経細胞にピック球が溜まること以外にも原因があることが分かっており、ピック球に由来するものだけがピック病とされています。

脳の前頭葉・側頭葉が萎縮することによって発症します。

 

記憶障害はあまり見られませんが、人格的な変質が顕著に現れ非常識な行動が目立つようになります。店で万引きをするとか、他人の家に勝手に上がり込むとか、破廉恥行為をするなど、社会的に問題になることをしますが、本人はそれを悪いことと認識できません。

感情を抑制することができず、暴力をふるったり、大声でわめいたりします。

食欲が旺盛になり、食べ出したら食べ尽くすまで止まらなくなることもあります。

集中力がなくなり、じっとしていられません。

身だしなみを気にすることもなくなり、不潔になります。

 

また、決まった行動を繰り返す(常同行動)のもこの病気の特徴です。毎日同じ時間に家を出掛け、同じコースを辿り、戻ってくるといったようなことですが、アルツハイマー型認知症と違って迷子になることはありません。常同行動の最中は人から邪魔されることをひどく嫌がります。

 

この認知症は、多くの人が認知症に抱くイメージとはかけ離れた症状を示しますので、周囲の人は認知症ということに気が付かない場合が多くあります。何か異常な行動が目立つようになったら、すぐに医師の診断を受けるか、専門機関に相談してみるなどして、早めに対処することが必要です。

 

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

【DHC】最大70%OFFのSALE開催中!

関連記事

認知症の話

いろいろな原因によって脳の神経細胞が壊れてしまい、認知機能(記憶、言語、行為、認識、実行機能など)が

記事を読む

風邪に効果あり!な話

少しずつ冬の寒さが本格化していくのを感じるようになってまいりましたが、皆様風邪など召されてはおられま

記事を読む

生活不活発病の話

身体をあまり動かさない状態が続くなどして筋肉・骨・心臓・肺などが衰え、実年齢以上に心身機能が低下して

記事を読む

アルツハイマー型認知症の話

アルツハイマー型認知症 は、日本の三大認知症の一つです。男性よりも女性の発症が多いと言われています。

記事を読む

異性化糖の危険性の話

”異性化糖” と言ってもあまり耳にされたことがないかも知れません。 果糖ブドウ糖液糖 や ブド

記事を読む

レビー小体型認知症の話

レビー小体型認知症 は、日本の三大認知症の一つです。認知症全体の約二割を占めます。 男性のほう

記事を読む

脳血管性認知症の話

日本の三大認知症の一つで、認知症全体の約二割を占めるのが 脳血管性認知症 です。  

記事を読む

ドクダミ茶

ドクダミ茶の話

ドクダミ茶というものを初めて作ってみました。 作ったといっても野生のドクダミを取ってきて作った

記事を読む

豆の話

豆は天然のサプリメントと言われるほど栄養が豊富な食物です。   健康な身体づく

記事を読む

背筋ピィーンの話

猫背 はデメリットだらけ、いいことなんか一つもありません。早急に治しましょう。 猫背を治さない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑