>

*

ボンドカーとその他カーの話 その4

公開日: : 映画 ,

六代目ジェームズ・ボンドとして ダニエル・クレイグ の起用が決まった時、世界中の007ファンや批評家たちから一斉に批判の声があがりました。

背が低いこと、黒髪でないこと、他の作品で悪役を演じた経験があることなどがその理由です。

 

しかし『カジノ・ロワイヤル』が公開されるや、そんな批判は全く聞かれなくなり、それどころか “歴代最高のボンド” とまで言わしめるに至りました。

 

クレイグ版ボンドの魅力は、それまでのボンド像とは違って ”スマートでないところ” でしょう。

『ミッション・インポシブル』シリーズや『ボーン・アイデンティティ』シリーズの成功によりアクション映画にリアリティーを求める風潮ができあがっており、本気の格闘シーンで傷だらけになりながら鼻血を出しながら必死に任務を遂げようとするクレイグボンドの姿は、多くのファンの心をガッチリと捉えています。

007 カジノ・ロワイヤル

クレイグを主演に迎え、シリーズとしても新たなスタートを切ることとなったこの作品で、初めに登場する車はこちら。

カジノ・ロワイヤル フォード・モンデオ・2.5Litre・ST

フォード・モンデオ・2.5Litre ST です。バハマのシーンで出てきます。

 

続いては、おなじみのこちら。

カジノ・ロワイヤル アストンマーチン・DB5

アストンマーチン・DB5 です。

今回もボンドカーとしてではなく、カジノの客からお金の代わりに巻き上げたものです。

 

マイアミ空港のシーンでは、これに乗ります。

カジノ・ロワイヤル インターナショナル・4900

航空機の燃料を積んだタンクローリー、インターナショナル・4900 です。

最初は後部につかまっていますが、運転席で激しい格闘を演じた後、飛び降りた敵に代わってハンドルを握り爆破テロをギリギリのところで防ぎます。

 

そして今作のボンドカーがこちら。

カジノ・ロワイヤル アストンマーチン・DBS

アストンマーチン・DBS・V12 です。

排気量6.0L、510馬力、最高速度は時速307km、ボンドカー史上最高のスペックを誇ります。

除細動器や解毒薬の注射などを装備しています。

エヴァ・グリーン 演じるヴェスパーが道に横たえられているのに気付き、

カジノ・ロワイヤル アストンマーチン・DBS 横転

急ハンドルをきって激しく横転するシーンが有名ですよね。

 

 

007 慰めの報酬

この作品でも引き続き アストンマーチン・DBS・V12 が登場、冒頭から激しいカーチェイスを繰り広げます。

慰めの報酬 DBS 1

 

次はこちら。

慰めの報酬 フォード・ブロンコII

フォード・ブロンコ II です。ボンドがハイチで、さりげなく、盗んだ車です。

 

続いては、ボリビア・ラパスのパーティー会場に行く時、出る時に登場する、

慰めの報酬 レンジローバー・スポーツ

ランドローバー・レンジローバー・スポーツ です。

トランクに瀕死のマティスが乗せられています。

 

最後はコレ。

慰めの報酬 フォード・エッジ

フォード・エッジ・ハイドロジェン です。

この車でクァンタムのボスであるグリーンを砂漠の真ん中に置き去りにします。砂漠に ”グリーン” って、ちょっと面白いですね。

 

 

007 スカイフォール

まずはトルコの市場でのカーチェイスシーンで登場するこの車から。

スカイフォール ランドローバー・ディフェンダー

ランドローバー・ディフェンダー です。

運転するのは ナオミ・ハリス 演じるイヴですが、ボンドが助手席からボンドがハンドルを切りパトリスの乗るアウディ・A5を横転させます。

 

次は夜の上海にて。

スカイフォール メルセデス・ベンツ・Eクラス

メルセデス・ベンツ・Eクラス で、パトリスのタクシーを尾行します。

 

そして007シリーズ 50周年 を記念するこの作品では、

スカイフォール DB5 1

アストンマーチン・DB5 がボンドのプライベートカーとして登場し、M をスカイフォールに連れて行く時に使用されます。

スカイフォール DB5 2

プライベートカーでありながら、

スカイフォール DB5 3

ライトの下にはマシンガンを装備しています。

 

 

007 スペクター

2015年11月公開予定の『スペクター』では、アストンマーチン・DB10 がボンドカーを務めることが発表されています。

スペクター アストンマーチン・DB10

さらに、この3台も登場するそうです。

スペクター 3台

左から、ランドローバー・レンジローバー・スポーツジャガー・C-X75ランドローバー・ディフェンダー です。

 

 

最新作『007 スペクター』では引き続きダニエル・クレイグが主演を務める他、ボンドガールとして レア・セドゥモニカ・ベルッチ、敵役として クリストフ・ヴァルツ らが出演するそうです。

監督は『スカイフォール』から続投の サム・メンデス

 

日本では2015年12月4日(金)から公開されます。

こうご期待!

 

 
「チケットぴあ」チケット情報

関連記事

nf01

Netflix の無料体験に申し込んでみた話

ついに ”黒船” の到着です。 有料映像配信の世界最大手 Netflix が日本でのサービスを

記事を読む

amazonビデオSilverlight

Amazonビデオ見るなら Microsoft Edgeがよいという話

皆様はAmazonビデオ及びAmazonプライムビデオをご覧になっておられますでしょうか? &

記事を読む

sw7

2015年の映画の話

今年は映画の当たり年だったようですね。 Box Office Mojo のサイトを見ると、世界

記事を読む

DolbyAtmos DTS X

賃貸住宅で Dolby Atomos や DTS:X を楽しむ方法の話

ホームシアターファンの間で最近大いに注目を集めているのが イマーシブオーディオ という技術です。オブ

記事を読む

PAN

Ultra HD Blu-ray と普通のBlu-rayの見え方の違いの話

前回は 4K Ultra HD ブルーレイ がブルーレイ(HD版)からいかにパワーアップしたかについ

記事を読む

UHD BD1

超高画質で映画を楽しむなら 4K ULTRA HD BLU-RAY で決まり! の話

映画ファンやオーディオビジュアルファン待望の 4K Ultra HD ブルーレイディスク が遂に日本

記事を読む

黄金銃を持つ男 AMC・ホーネット 2

ボンドカーとその他カーの話 その2

007シリーズ第8作目の『007 死ぬのは奴らだ』からは ロジャー・ムーア が主演を務めています。

記事を読む

ゴールドフィンガー アストンマーチン・DB5 2

ボンドカーとその他カーの話 その1

映画 007 シリーズ に登場する通称 ボンドカー は、英国諜報機関 MI6 が諜報員 ジェームズ・

記事を読む

リビング・デイライツ アストンマーチン・V8・ヴァンテージ・ボランテ

ボンドカーとその他カーの話 その3

58歳でジェームズ・ボンド役を退いたロジャー・ムーアに代わって、当時41歳の ティモシー・ダルトン

記事を読む

amazonプライムビデオ

Amazon プライムビデオの話

9月24日から Amazon プライムビデオ がサービスを開始しています。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑