>

*

お酒とアルツハイマー病の話

公開日: : 介護, 健康 ,

当ブログの9月23日の記事 食用油と健康の話 の n-6系脂肪酸のところで少し触れましたが、サラダ油などに含まれる リノール酸 が体内で酸化してできた 4-ヒドロキシノネナール という毒性の強い物質が、アルツハイマー型認知症の原因であるとする説があります。

実際にアルツハイマー型認知症患者の脳を調べてみると、4-ヒドロキシノネナールの蓄積がみられるそうです。

 

リノール酸を必要以上に摂取するとアルツハイマー型認知症になる危険性は高まると言えそうなのですが、誰にとってもそうなのかというと、どうやらそういうことでもないらしいのです。

アルツハイマー型認知症になりにくい人となりやすい人というのは遺伝子によって決まっています。

 

それは、お酒に強い人と弱い人がいるのと全く同じ身体のメカニズムによります。

 

アルコールの分解

まず飲酒後に、体内でアルコールがどのように分解されていくかを見てみましょう。

アルコール分解

お酒を飲むと、胃や小腸から吸収されたアルコールは肝臓に存在する アルコール分解酵素(ADH) の働きによって アセトアルデヒド という毒性の強い物質に分解されます。

アセトアルデヒドはすぐさま、同じく肝臓内で アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH2) の働きで酢酸に分解され、その後酢酸は二酸化炭素と水に分解されます。

 

ALDH2 はアミノ酸によって構成されていますが、その塩基配列の違いによって3つのタイプがあります。

それぞれ、

①アセトアルデヒドを正常に分解できる(お酒に強い)

②アセトアルデヒドを分解する能力が弱い(お酒に弱い)

③アセトアルデヒドをほとんど分解できない(お酒を飲めない)

という特性があります。

 

どのタイプの ALDH2 を持つかは遺伝子によって決まり、そのタイプは一生変わることはありません。

なのでお酒に弱い人や全然飲めない人がいくら頑張っても、強くなることは不可能です。

 

欧米人はほとんどが①のタイプを持っているそうですが、日本人を含むモンゴロイドでは、①を持つ人が約50% ②を持つ人が約45% ③を持つ人が約5% だそうです。

 

4-ヒドロキシノネナール

では、なぜお酒とアルツハイマー病とが関係があるのかと言いますと、それはアルツハイマー病の原因物質とされる 4-ヒドロキシノネナールもアルデヒドの一種だからです。

つまり、お酒に強い人は 4-ヒドロキシノネナールも分解することができ、弱い人は 4-ヒドロキシノネナールも分解しにくいということになります。

 

なので、お酒に弱い人・全然飲めない人は、アルツハイマー型認知症になる危険性が高いと言えます。

 

お酒が弱い人は・・・

お酒が弱い人・飲めない人のアルツハイマー病予防策としては、まず第一にサラダ油などのリノール酸を含む食品の摂取量を減らすことです。

リノール酸などの n-6 系脂肪酸は必須脂肪酸(体内で生成されないので食物から摂取しなければならない)ですから必要な量は摂らなければなりませんが、平均的な日本人の食生活では過剰に摂取されがちということなので、サラダ油を使った食品は極力避けるようにした方が良いでしょう。サラダ油を一切使用しない食事からでも充分な量の n-6 系脂肪酸を摂取できます。

 

また、リノール酸に対して活性酸素が作用することで過酸化脂質ができ、それから 4-ヒドロキシノネナールが生じるということなので、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなどの 抗酸化ビタミン を摂取することで活性酸素の作用を抑えれば 4-ヒドロキシノネナールが発生しにくくなり、アルツハイマー病の予防になります。

 

お酒が強い人はアルツハイマー病になりにくいからといって油ものばかり食べていると、肥満や動脈硬化などを引き起こしてしまうかもしれませんので注意が必要です。

 

それから、お酒が強い人(ALDH2 の①のタイプを持っている人)ほどアルコール依存症になりやすいそうなので、お酒の飲み過ぎにもお気をつけくださいませ。

 

 

【DHC】最大70%OFFのSALE開催中!

マツモトキヨシ公式通販サイト

関連記事

生活不活発病の話

身体をあまり動かさない状態が続くなどして筋肉・骨・心臓・肺などが衰え、実年齢以上に心身機能が低下して

記事を読む

低インシュリンダイエットの話

食事をすると血糖値は上昇しますが、これは食品に含まれる炭水化物が小腸でグルコース(ブドウ糖)に分解・

記事を読む

貧血の話

日本の女性の四人に一人は 貧血 らしいです。 ”血” が ”貧しい” と書きますが、血液中のヘ

記事を読む

背筋ピィーンの話

猫背 はデメリットだらけ、いいことなんか一つもありません。早急に治しましょう。 猫背を治さない

記事を読む

人工甘味料の危険性の話

”カロリーオフ” や ”低カロリー” を謳った食品や飲料には人工甘味料を含んでいるものが多くあります

記事を読む

帯状疱疹の話

過去に 水ぼうそう にかかったことがある方は 帯状疱疹 が発症する可能性があります。

記事を読む

カカオ

チョコレートの話

中米 ヨーロッパ人が初めてチョコレートに出会ったのは16世紀の初頭、中米でのことです。 &n

記事を読む

豆の話

豆は天然のサプリメントと言われるほど栄養が豊富な食物です。   健康な身体づく

記事を読む

認知症の話

いろいろな原因によって脳の神経細胞が壊れてしまい、認知機能(記憶、言語、行為、認識、実行機能など)が

記事を読む

小皿にバナナ

バナナの話

皆さん、もうすぐお待ちかねの8月7日、年に一度の バナナの日 がやって来ますよ! バナナを嫌い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑