>

*

異性化糖の危険性の話

”異性化糖” と言ってもあまり耳にされたことがないかも知れません。

果糖ブドウ糖液糖ブドウ糖果糖液糖 がそれにあたります。清涼飲料水などの原材料として記載されているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 

異性化糖の成分は、果糖、ブドウ糖、少量のオリゴ糖で、いずれも天然に存在するものですから、人口甘味料ではありません。

 

ですが人口甘味料と同じくらい健康被害をもたらす危険性が異性化糖にはあります。

 

異性化糖とは

異性化糖とは、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が混ぜ合わさった液状の糖です。ブドウ糖と果糖とは化学的に結合している訳ではありません。

 

異性化糖の定義を農林水産省のJAS規格書から引用させて頂くと、

でん粉をアミラーゼ等の酵素又は酸により加水分解して得られた主としてぶどう糖からなる糖液を、グルコースイソメラーゼ又はアルカリにより異性化したぶどう糖又は果糖を主成分とする液状の糖

ということです。

酵素によってでん粉からブドウ糖液を作り、また別の酵素によって一部のブドウ糖を果糖に変換(異性化)させたものが異性化糖です。

 

そしてブドウ糖と果糖の割合によって種類が分けられています。

果糖の割合が50%未満のものが ブドウ糖果糖液糖 です。

果糖の割合が50%以上90%未満のものが 果糖ブドウ糖液糖 です。

果糖の割合が90%以上のものが 高果糖液糖 です。

 

 

アメリカでは原材料としてトウモロコシ以外が使われることがないため、高フルクトース・コーンシロップ と呼ばれていますが、ジャガイモやサツマイモなど他のでん粉を使っても作ることができます。

ただ、現在は日本でもほとんどがアメリカから輸入したトウモロコシを使って製造されているそうです。

 

危険性

異性化糖が危険であるという要因は主に果糖のほうにあると言えます。

 

ブドウ糖は果物や蜂蜜などに多く含まれているほか、ご飯・パン・麺類などの炭水化物が体内で分解されることでも生成されます。脳の唯一のエネルギー源であり、人間や動物が活動するうえで必要な物質です。

ブドウ糖が摂取または生成され血液中に取り込まれると、血糖値を抑えるため膵臓からインシュリンが分泌されます。そして食欲を抑制するグルカゴン様ペプチド-1 の分泌量を増加させ、また食欲を刺激するホルモンであるグレリンの分泌量を抑えます。

過剰に摂取するとインシュリンの分泌量が増加し体内に脂肪が貯まりやすくなるという危険はありますが、ほどよい摂取量であれば満腹感を得られそれ以上の食欲を抑えることができます。

 

 

果糖は果物に多く含まれています。果物から摂取する場合は、他に食物繊維などと一緒に摂取されるためゆっくりと消化されるので特に問題はないのですが、異性化糖によって摂取する場合は危険があります。

果糖は摂取しても血液中には取り込まれず、ほとんどが肝臓で代謝されるので血糖値を上げません。なのでインシュリンの分泌量も少なくなり脂肪が貯まりにくそうに思えますが、過剰に摂取すると中性脂肪が貯まりやすくなり、また脂質異常症を引き起こしたりもするそうです。

そして果糖はグルカゴン様ペプチド-1 の分泌量を増加させないので食欲を抑制できず、グレリンの分泌量を増加させるので食欲を増進させます。

つまり果糖には、満腹感を得られずまだまだ食べたくなってしまうという、困った性質があるということになります。

 

また果糖は、メイラード反応(糖化反応)を起こしやすいという性質も持ち合わせているので、老化の原因になりえます。<コチラもご覧ください:AGEs の話

 

アメリカでは

1970年代からアメリカの肥満人口は急増しているようですが、この時期は高フルクトース・コーンシロップの消費量が増加した頃に当たっています。

 

また、南カリフォルニア大学の研究者らの調査によると、異性化糖の消費量が多い国と少ない国とを比較すると、Ⅱ型糖尿病の有病率は異性化糖の消費が多い国のほうが高いという結果が出たそうです。

 

 

肥満の元凶は高フルクトース・コーンシロップであると考えられるようになったアメリカでは、高フルクトース・コーンシロップを排除しようという運動が起こったのですが、その代わりに消費が増えたのが人工甘味料でした。

人工甘味料にも肥満や健康被害の危険性があり<人口甘味料の危険性の話>、今後アメリカがこの問題とどう立ち向かうのかが注目されるところです。

 

 

日本では高フルクトース・コーンシロップの消費量はアメリカよりも格段に少ないというのが現在の状況です。

ですが 安心してください!」とはいえません。

 

異性化糖の健康被害に対する意識が日本人には低いため、今後飛躍的に異性化糖の消費量が増えてしまうという可能性もあります。

 

ドリンクや食品に記載された原材料名に目を光らせ、過剰に摂取してしまわないように気を付けましょう。

 

緑茶・麦茶・烏龍茶は安全です。勿論ミネラルウォーターも良いですよ。

 

 

今回の記事も『カロリーゼロにだまされるな 本当は怖い人工甘味料の裏側』(大西睦子/ダイヤモンド社)を参考にさせていただきました。



関連記事

小皿にバナナ

バナナの話

皆さん、もうすぐお待ちかねの8月7日、年に一度の バナナの日 がやって来ますよ! バナナを嫌い

記事を読む

貧血の話

日本の女性の四人に一人は 貧血 らしいです。 ”血” が ”貧しい” と書きますが、血液中のヘ

記事を読む

風邪に効果あり!な話

少しずつ冬の寒さが本格化していくのを感じるようになってまいりましたが、皆様風邪など召されてはおられま

記事を読む

カカオ

チョコレートの話

中米 ヨーロッパ人が初めてチョコレートに出会ったのは16世紀の初頭、中米でのことです。 &n

記事を読む

人工甘味料の危険性の話

”カロリーオフ” や ”低カロリー” を謳った食品や飲料には人工甘味料を含んでいるものが多くあります

記事を読む

アマニ油

食用油と健康の話

脂質 は炭水化物・たんぱく質と共に三大栄養素の一つです。なので生きていく上ではなくてはならないもので

記事を読む

アルツハイマー型認知症の原因の話

アルツハイマー型認知症の原因は未だ解明されておらず、今なお世界中で研究が続けられています。 &

記事を読む

レビー小体型認知症の話

レビー小体型認知症 は、日本の三大認知症の一つです。認知症全体の約二割を占めます。 男性のほう

記事を読む

カカオ

手作りチョコレートの話

もうすぐバレンタインデーとかいう日がやってくるらしいので、チョコレートを手作りする方法をご紹介したい

記事を読む

寝犬2

眠りの話

睡眠 に関する悩みを抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。 私も寝つきが悪かったり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑