>

*

小型家電リサイクル法とレアアースの話

公開日: : 生活

2013年4月1日から ”使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律” 通称 ”小型家電リサイクル法” が施行されています。

 

 

対象品目は、パソコン、携帯電話、ゲーム機、デジタルカメラ、ポータブルオーディオなど、またこれらの機器に付属されているACアダプターや充電器、リモコンなども対象となります。

各市区町村によって回収する品目に違いがあるようなので、回収に出す前にお住いの市区町村のホームページ等で確認しておきましょう。

ちなみに私の住んでいる岡山市の回収対象品目はこのような感じになっています。

小型家電リサイクル法 岡山市

回収対象の小型家電(岡山市HPより)

 

回収場所や回収方法も各市区町村で違っていますので、HP等でご確認ください。

ちなみに私の住んでいる岡山市では、

  • 協力店での店頭回収
  • 区役所などでのボックス回収
  • 資源回収所での拠点回収
  • 各種イベント会場でのイベント回収
  • リサイクルプラザでの粗大ごみからのピックアップ回収

となっています。

 

小型家電リサイクル法の目的

この法律の目的は、

  • 天然資源の消費を抑制し、再利用によって資源を確保すること
  • 廃棄物の量を減らし、最終処分場で処理可能な期間を延ばすこと
  • 小型電子機器に含まれる有害物質を適切に処理すること

などが挙げられますが、資源の再利用、とりわけレアメタルの再利用というのが最大の目的でしょう。

 

レアメタル・レアアース

地球上に存在する元素は、自然界に存在する91種と人工的に作られた27種を合わせた118種類です。地球上にあるありとあらゆるものはこの118種の元素でできています。

このうち非金属元素は19種で、金属元素は99種(自然界に存在する72種と人工的に作られた27種)です。

経済産業省の区分では、金属元素のうちの47種類の元素がレアメタルに該当し、そのうちの17種がレアアースに該当します。

 

レアメタルの各元素はそれぞれハイテク製品に適した特性を持っています。

  • 光学性
  • 超電導性
  • 強磁性
  • 半導体
  • 高温耐熱性
  • 光電変換
  • 熱電変換
  • 耐食性

など。

レアアースは特に光学性や強磁性の面で他のレアメタルよりも優れた特性を発揮します。

 

レアアースの生産

小型電子機器はもちろん、家電製品、自動車、電車、医療機器など、レアメタル・レアアースは日常生活に欠かせない様々な製品に使われており、現代人の生活はレアメタル・レアアースが無ければ成り立たないと言っても過言ではありません。

と同時に、それら製品の製造は日本が得意とする産業でもあり、例えレアメタル・レアアースの使用量がわずかだとしても、使わなければ製品を作ることが出来なくなってしまいます。故に、レアメタル・レアアースが日本の産業の鍵を握っているとも言えます。

 

しかし、日本にはレアアース資源は無く、全て輸入に頼っています。

 

 

現在、世界のレアアース生産国の比率は、中国が97%と圧倒的に多く、残りの3%がインド、ブラジル、カザフスタン、マレーシアなどとなっています。

 

石油におけるアラブ諸国のように、レアアースにおいては絶対的な存在である中国は、その力を利用して輸出を削減することでレアアース市場をコントロールしています。それは自国のハイテク産業にとって有利な状況を作り出すためだと思われます。

 

当然日本も中国の輸出制限のあおりを受けていて、その為ほかの国からの輸入量を増やしたり、ベトナムでレアアース鉱床の開発を進めたりしているそうです。

 

ということで、小型家電リサイクル法の施行というのも何とかしてレアメタル・レアアースを確保しようという日本政府の必死さが窺える政策ですね。

 

我々も日本人として是非協力したいものです。

家電リサイクル(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)と違って無料で回収してくれますしね。

 

ただし、PCや携帯電話などからの個人情報の流出にはくれぐれも注意しましょう。

 
エクスパンシス



関連記事

風邪に効果あり!な話

少しずつ冬の寒さが本格化していくのを感じるようになってまいりましたが、皆様風邪など召されてはおられま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑